フルオーダー住宅のメリット

間取りやデザインの自由度が高い!

フルオーダー住宅の最大のメリットは、何と言っても間取りやデザインの自由度の高さです。もちろん立地による法制面の制約や、耐震強度などの設計面の制約はありますが、その自由度は圧倒的に高いです。 従来から家族構成や趣味/志向によって、家に求める機能は人それぞれ優先度が異なり、「家事の動線」や「子供部屋の有無」など、十人いれば十通りの理想の家があります。しかし、建売住宅は全てのパターンに対応することができないため、「平均的な要望」に則して設計されていることが多く、こだわりを持つ方から見ると「面白みのない家」に映ってしまうかもしれません。そのような方にとっては、フルオーダーによる理想の家を手に入れることが、QOL(Quality of Life)を高める望ましい方向性になると考えられます。

将来を考え、家族の絆を強めるきっかけに!

フルオーダー住宅を建てることを決め、その間取りやデザインを検討する過程では、自分の将来や家族の将来をじっくり考えることになります。 「子供が増える可能性は?」「親と同居する可能性は?」「車や駐車場は必要?」「夫婦の老後の生活はどうなる?」など、もちろん全ての要素を完璧に予測することはできません。実際、コロナ禍によって一気にテレワークが浸透し、書斎などの仕事用スペースが必要になる家庭が増えるとは、5年前には誰も予測できなかったはずです。 しかし、家に求める機能や役割を家族で話し合い、家族の人生を10年20年という長い時間軸でシミュレーションしてみることは、家族の絆を強める良いきっかけになります。これも間接的ではありますが、フルオーダー住宅のメリットと言えるのではないでしょうか。