フルオーダー住宅の特徴

注文住宅をフルオーダーで作るということ

注文住宅を作る場合、自分や家族の希望をすべてかなえられるのが、フルオーダーの特徴です。家の外観に加え、間取りや天井の高さ、導入したい設備や、それぞれのパーツに使用する材料や色などを、すべて自分たちで決定できます。

注文住宅は、フルオーダーで建てることもできますが、セミオーダーで作る方が一般的です。セミオーダー住宅は、家やお部屋全体を丸ごと自分で設計することはできません。建材や設備、材質などを、選択肢の中から選ぶ形になり、すべて自分の思い通りに決定するのは不可能です。そのため、セミオーダー住宅は、どこかで見たことがある、特徴があまりない家になりがちです。強いこだわりがあり、世界で唯一無二の家を作ることができるのが、フルオーダーの強みといえるでしょう。

フルオーダー住宅を建てる場合の注意点

フルオーダー住宅は、パターン化された建材や設備が用意されていません。すべてが特注扱いであったり、一品ずつ購入する形になるため、建築費用が高額になるケースが目立ちます。予算に限りがある場合は、仕切りを少なくしたり、不必要な設備は導入しないなど、メリハリをつけた住宅建築を行うとよいかもしれません。

フルオーダー住宅は、お手本となるモデルハウスなどがないため、完成予想図が見通しにくくなります。十分考慮しても、コンセントの数が足りない、色合いをこうすればよかったなど、細かい設計ミスが出やすいのがデメリットです。設計士や大工さんなどとの打ち合わせが多くなり、完成までの時間も他の施工方法よりも長くなる傾向が強いので、入居予定日を重視したい人は注意が必要です。