セミオーダー住宅と規格住宅のメリット

自由度が十分に高いセミオーダー住宅

注文住宅の間取りを自由に決められるのがセミオーダー住宅のメリットで、内装などの仕様もある程度は指定できます。フルオーダー住宅と比べると決められる範囲は狭くなりますが、壁紙やクローゼットの色合いなどを自由に選べて、家族の好みに合う内装を作りやすいのが魅力です。間取りを自由に選べるためにウォークインクローゼットや、土間収納を取り付けたいといった要望も聞いてもらえて、家族構成に合わせて収納スペースを作れます。特殊な形をした土地で狭小住宅を建てたいといった注文は、フルオーダー住宅でなければ受け付けてもらえません。屋上を庭のように使える住宅にしたいという注文なら、セミオーダー住宅でもメーカー側が対応できます。

コストの安さが魅力の規格住宅

ある程度は注文のデザインを自由に決めたいけれど、コストが高くなるのは嫌だという人に最適なのが規格住宅です。あらかじめメーカー側が間取りを決めていて、デザインの選択肢は少ないのですがコストが安いという点で規格住宅は人気があります。セミオーダー住宅と比べてコストが安いからといって住宅の品質が悪いわけではなく、規格化によってコストを削減しているのが規格住宅のメリットです。 決められた選択肢の中から設備やデザインを選ぶので、住宅の仕様を短時間で決められます。時間をかけずに住宅を建築したい人にとっても魅力的で、住宅が完成した後の光景もイメージしやすいのが規格住宅が選ばれる理由です。間取りの大きな変更はできませんが、家族構成に合わせてドアの位置を調整したいといった要望は聞いてもらえる場合もあります。

注文住宅を建てる際は、まず建築実例をみるとイメージが掴みやすくなります。どんな家を建てたいかが明確になれば、ハウスメーカーや工務店選びもスムーズになるかもしれません。