セミオーダー住宅と規格住宅の特徴と違い

セミオーダー住宅とは?

一口に注文住宅と言っても、フルオーダー住宅、セミオーダー住宅、それに規格住宅の3つの種類があります。フルオーダーとは、間取りから内装や外装に至るまで、施行内容の殆ど全てを依頼者が自由に決定して、発注する方法です。住宅建設に関する深い知識があれば、フルオーダーで満足度の高いマイホームが手に入るでしょう。しかし自力で設計プランを立てるのが難しい大多数の人にとっては、セミオーダー住宅や規格住宅の方が現実的です。セミオーダー住宅とは、ハウスメーカー側で定めた基本的な仕様に基づいて家造りを進める方法です。フルオーダーより制約はあるものの、外壁や内装、床材などは基本的に自由に決められるし、間取りも複数のパターンから選べるようになっています。

規格住宅のデメリットとメリット

規格住宅は、ハウスメーカーが提示する複数の住宅モデルの中から選ぶ形式です。多様なモデルがあるとは言え、間取りも外観もオードソックスなプランばかりで、個性的な家が欲しい人には向いていません。ただ施行箇所によっては希望を取り入れてもらえるし、建売と違って、好きな場所に建設できます。自由度の高さで言えばフルオーダー住宅、セミオーダー住宅、規格住宅の順ですが、規格住宅には建設費用を抑えやすく、工期も比較的短期間で済むのがメリットです。 自由度が低い分、発注者との打ち合わせに時間を取られることもなく、建材や工法も規格化されているので、効率的に建築できるからなんですね。セミオーダー住宅の場合、これよりも時間やコストがかかると思って下さい。それぞれの特徴を抑えながら、自分に適した方法を選びましょう。

一級建築士や二級建築士などの資格を持っていると、設計事務所へ就職する際に有利になりやすいです。CAD関係の資格も需要がありますので、勉強しておくとよいでしょう。